IHクッキングヒーター 元プロがおすすめするガスコンロの選び方

元プロがおすすめするガスコンロの選び方

ガスコンロ購入のポイント、選び方を説明しています。 また、オススメのキッチンツールやインテリア雑貨も紹介しているガス器具ブログ

パナソニック|おすすめ据置IHクッキングヒーター一覧





Panasonic(パナソニック)の据置IHクッキングヒーター一覧

パナソニック(Panasonic)の据置IHクッキングヒーターを上位機種順に表示しています。
上が一番高いモデルで下に行くに従って安いモデルとなります。

二口(ふたくち)据置IHクッキングヒーター
※右IHオールメタル仕様

パナソニックの据置IHクッキングヒーターで最高級モデルです。

二口IH仕様です。
通常のIHはステンレスと鉄のみでアルミなどは使用できませんが、
このKMモデルの右のIHは「オールメタル」仕様で、すべての金属調理器具が使用できます。

ただ、通常は左右のIHは最大3.0KWの火力ですが、
オールメタル(鉄・ステンレス以外)を使用した場合は、最大2.5KWの火力となります。

エコナビ(econavi)機能が付いていて、調理中の無駄な加熱を見つけて
火力を自動でコントロールしてくれます。これにより、無駄な消費電力を抑えます。

また、新しい「光火力センサー」を搭載し、
揚げ物や焼き物の温度調節機能のい温度調節をトッププレートの温度を拾わずに、
光の速度で温度を検知、正確に素早く温度を調節します。

グリルは上からの遠赤外線と下からのシーズヒーターにより、
グリル皿を一気に高温に加熱します。
表面をすばやく焼き上げて旨味を閉じ込め、素早く焼き、
大火力で食材の表面・内面を同じタイミングで焼き上げます。

表面はパリッと、内部は旨味を逃さない焼き上げをします。
※画像をクリックすると
楽天市場の商品
ページにいきます。

据置IHクッキングヒーター KMタイプ
パナソニック KZ-D60KM
IH数:2口(右オールメタル)
グリル:シーズヒーター有(下部)
↓楽天市場で安い順に見る↓

ウォームシルバー
パナソニック KZ-D60KM
この商品をアマゾンで探す
二口(ふたくち)据置IHクッキングヒーター 
※鉄・ステンレス対応仕様

パナソニックの据置IHクッキングヒーターです。
二口IH仕様で、通常の鉄・ステンレス仕様で、その他の金属は使用できません。

通常は左右のIHは最大3.0KWの火力です。※KLは左右2.5KW

KGタイプは「エコナビ(econavi)」「光火力センサー」搭載、グリル下部にシーズヒーターを搭載しています。
KBタイプは「光火力センサー」搭載、グリル下部にシーズヒーターはなく、片面焼です。
KLタイプは左右の火力が2.5KWでグリル下部にシーズヒーター搭載です。
※画像をクリックすると
楽天市場の商品
ページにいきます。

据置IHクッキングヒーター KGタイプ
パナソニック KZ-D60KG
IH数:2口
グリル:シーズヒーター有(下部)
↓楽天市場で安い順に見る↓

グレイッシュシルバー
パナソニック KZ-D60KG
この商品をアマゾンで探す
※画像をクリックすると
楽天市場の商品
ページにいきます。

据置IHクッキングヒーター KBモデル
パナソニック KZ-KB21D
IH数:2口
グリル:シーズヒーター無(片面焼)
↓楽天市場で安い順に見る↓

ブラック(石目調)
パナソニック KZ-KB21D
この商品をアマゾンで探す
※画像をクリックすると
楽天市場の商品
ページにいきます。

据置IHクッキングヒーター KLモデル
パナソニック KZ-KL22C3
IH数:2口
グリル:シーズヒーター有(下部)
↓楽天市場で安い順に見る↓

ブラック(石目調)
パナソニック KZ-KL22C3
この商品をアマゾンで探す

【話題沸騰!】工事不要の2口コンロIHクッキングヒーター「EIH1470-B」

こんにちは!がす子です^^

今回は、今巷で話題沸騰の2口IHクッキングヒーター
アイリスオーヤマ EIH1470-B」を紹介いたします。

なかなか革命的な商品で、ガス屋さんもビックリの商品です。





IHクッキングヒーターがこんなに手軽に…

この「アイリスオーヤマ EIH1470-B」は、
IHクッキングヒーターで、なにが凄いかというと、
100Vの電源で使用できることです。



つまり、一般家庭のコンセントに挿すだけで、
2口のIHクッキングヒーターとして使用することができます@0@;



機能やスペックがコンロとしてしっかりしている

コンセントに挿すだけで使用できるIHコンロなら、もうあります。
って思った方、このIHクッキングヒーターはコンロとして、
元ガス屋の私もビックリのしっかりした機能、スペックを持っています。

ただの家電と思いきや、かなり本格的なIHクッキングヒーターに仕上がっています。





最大火力1400Wの強火力、コードは2.5m。揚げ物調理機能まで

まず、スペックですが、消費電力は最大1400Wで、
加熱は左ヒーターは6段階の調整が可能で、
最大で1400Wの熱を出すことができます。

右ヒーターは4段階で最大700Wまで調整可能です。
ガスコンロで言う左強火力といった具合です。

※左右のW数の合計は最大1400Wまどとなります。

また、コードは2.5メートルもあり、
ガス台スペースではなくとも、ダイニングテーブルで
使用したりしてもコードに余裕があり、
使い勝手が良いです。

 さらに、「揚げ物調理モード」も搭載しており、
こちらは、6段階(約150℃~約200℃)とかなり本格的に設定でき、
温度をキープしてくれます。

タイマー機能も付いており1分~9時間50分と細かく設定ができ、
長時間使用する煮込み料理などはこれで安心です。



なんとガラストップの天板で全面フルフラット!

天板は、なんとガスコンロでは最上級天板として
使われているガラストップを採用しています。

IHクッキングヒーターだけができる全面フルフラットで、
とても美しくなっています。

フルフラットのお手入れの簡単さでは、
ゴトクのあるガスコンロでは敵いません。


一人暮らしをする方にオススメのIHクッキングヒーター!

このIHクッキングヒーターは、一人暮らしをする方にオススメをします。
自分にあったガスコンロの選び方」の記事でも紹介しましたが、
一人暮らしの期間中はどれだけ、コストを掛けないかが重要になってきます。

特にガスコンロは、次の引越し先でガス種が合わなかったり、
強火力の左右が違ったり、ガステーブルからビルトインになったり、
と引越しのたびに処分する可能性が高いのですが、
このIHクッキングヒーターなら、どの引越し先でも使用することができます。

また、給湯がガスでなければ、一人暮らしでもオール電化が可能となり、
ガスの基本料金を払う必要がないので、おすすめです。

ガスの契約を結んでいても、電気代とガス代のコストが、
電気のほうが安ければ、もちろんオススメします。



使用しなくなった場合に売ることも…

また、このようなIHクッキングヒーターの場合、
使用しない場合に家電として売ることもできます。

ガスコンロの場合、なかなか簡単に買い取る場所が
少ないのが現実です^^;



逆に一人暮らし以外ではオススメできないデメリットも

と今まで、おすすめ部分を紹介してきましたが、
ここで、「アイリスオーヤマ EIH1470-B」のデメリットも紹介していきます。

デメリットは火力が弱いことです。
やはり、本格的なIHクッキングヒーターやガスコンロの火力には、
このような、簡易的なコンロでは弱すぎる弱点があります。

※一人暮らしで、調理するレベルの料理はほぼできますので、
ご安心ください。
強火力を使用する際にガスコンロなどに敵わない感じです。

また、2口合計で1400Wの火力なので、家族5人分など、
一度に沢山の料理に適していません。



騒音が気になる人も…

IH関係はどうしても電磁波の音がうるさくなります。
個人差はありますが、音が気になる方にはオススメできないかもしれません。



IH用の鍋やフライパンが必要に

まだ、お鍋やフライパンを持っていない方は、
新しく、IH対応、IH専用のお鍋やフライパンが必要になります。

一人暮らしではその辺のコストも計算して購入を考えましょう。



どちらにしても選択肢が増えて消費者には吉

いろいろあって悩むとは思いますが、
このような商品がでてきて、選択肢が増えたことは、
とても良いことだと思います。

いろんな状況に合わせて、自分にあった商品を選定できるので、
まだ、本格的なコンロの代わりとまではいきませんが、
一人暮らしレベルでは事足りる凄い商品です。

ブラックでガラストップの全面フルフラットのスタイリッシュな
2口IHクッキングヒーターはまた新たな時代を切り開いていくことでしょう。













 
簡単おすすめガステーブル
とにかく激安なガスコンロ

とにかく安いコンロをお探しの方にオススメ!グリルも付いてます!


女性一人暮らし向けおすすめガスコンロ

女性の一人暮らしに合う綺麗なホワイトのコンロです。


こちらは珍しい可愛いピンクのコンロです。


男性一人暮らし向けおすすめガスコンロ

できる男のオールステンレスプロ使用!小さいながら本格的です!


家族向けおすすめガスコンロ

キッチンにフラットに収まるデザイン!長く使うから良いものを!
おすすめガス器具ショップ






あまぞんPR
検索フォーム
全記事表示リンク
PR