2016年04月 元プロがおすすめするガスコンロの選び方

元プロがおすすめするガスコンロの選び方

ガスコンロ購入のポイント、選び方を説明しています。 また、オススメのキッチンツールやインテリア雑貨も紹介しているガス器具ブログ

【軽量・丈夫】夏にオススメのオシャレな水筒『LAKEN(ラーケン)水筒 クラシック 1.0L』

こんにちは!がす子です(^^)
いつも閲覧ありがとうございます!

今回は調度いい大きさのアルミボトル!




持ち運び便利な頑丈な水筒

アウトドアで重要なのは水分確保です。

1日に2Lは水分が必要ですから、
半日出かけるのでも1Lのボトルがあるとすごく便利です!

私が水筒でいつも気に入らないなーと思うのは魔法瓶だと重いし、
コップとかいらないからとにかく軽くしてほしいヽ(;▽;)ノ
ということでした。

重い荷物をえんやこら運ばなければならないアウトドアでは
こうゆうの死活問題ですよね!

そこで登場!調度いい大きさのアルミボトル!
LAKENの水筒」です。 



大きすぎず小さすぎないのがいい

引き抜き一体型で、飲みやすい33.5mmの広口タイプのアルミボトルです。

氷やお茶っ葉などが入れやすいのが特徴で、
広口タイプだと洗いやすいのも良いところです。

サイズは8.0×25.7cm、1リットルでハードな使用にも耐える
堅牢なアルミボトルですから少々ぶつけたりしても大丈夫!

なぜなら素材は99.7%の純アルミニウム製だからです。

スクリューキャップは内部パッキンで完全に密封できるので
バックパッカーの中で横になっても溢れることはありません。 



おしゃれに持ち歩きたいかたに

サイズは、0.3~1リットルまでの4サイズをラインナップし、
カラーも7色と選択の幅があります。

老若男女関わらず持ち歩いても恥ずかしくないデザインですから、
ペットボトルのお茶をそろそろ卒業して
自前のお茶なんか作ってみれば外出先でも美味しいお茶が飲めますよ!

なお、耐冷・耐温ではないので、やけどには注意したいのと、
食器洗い機や沸騰するのもダメなので気をつけて使ってくださいね!(´∀`) 



↓アマゾンで似た商品を探す↓


 

【玄人!?】超人気の焚き火台!『ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル』

こんにちは!がす子です(^^)
いつも閲覧ありがとうございます!

さすがにだいぶ暖かくなってきましたね!
そろそろアウトドアも最適な時期ですね!

私はゴールデンウィークのはじめに早速、友人たちと
BBQをする予定です!
さて、今回はそんなBBQで大活躍!超人気の焚き火台!
ユニフレーム(UNIFLAME)ファイアグリル』について紹介します。
 



料理するなら一台は必要な焚き台

暖を取るだけではなく、暖かい料理を自然の中で食べると
普段とは違った空間の中で自然の大きな癒しも借りて
特別に美味しく感じるのではないでしょうか。

アウトドアで必須アイテムといえば火周りの商品ですが、
今回は炭で調理するこだわり派に支持を受けている超人気の焚き台!

今回、紹介する商品は「ユニフレーム(UNIFLAME)ファイアグリル」です。


構造はごくシンプルで、ステンレス製の四脚に炭を置けれるフレームプレートと、
網が乗っているというものです。O(^▽^)o 



ダッチオーブンを載せてもヘタらない頑丈さ

ユニフレーム(UNIFLAME)の人気の理由は、
ステンレスならではの頑健さで何度使ってもダメにならないところです。

アウトドアで料理する機会が多いかたで40~50回も使っても
尚問題なく使えるそうですからその耐久性はかなりのものだと思います。

普通に使っていて1年に数回キャンプに出かけるだけでも
10年は持つということですから長く使えそうでパーツの便利さはともかく、
シンプルで頑丈な焚き台が良いというかたにおすすめですよ。 



網付きなのでいきなり焼ける

また多くの焚き台は網がついておらず別途購入しなければなりませんが、
ユニフレーム(UNIFLAME)は初めから結構頑丈な網が付いていて、
買い足しする手間が省けるのがいいですね!

焚き台を買って、安心したまま当日挑めるので、
肝心なものを忘れたあああああ!!!!!と叫ばずに済むのです(笑)

まぁ、そんな失敗はあまりないかと思いますが、
これからキャンプグッズを新しく揃えようと考えているのなら
まずはユニフレーム(UNIFLAME)から揃えてみてくださいね。 (^^)

万が一忘れたら焚き火でもして楽しみましょう笑

↓アマゾンで似た商品を探す↓





【BBQグリル】後処理簡単!ガスだから時短『Coleman(コールマン)ロードトリップグリル』

こんにちは!がす子です(^^) いつも閲覧ありがとうございます! 少しづつ暖かくなってきて外に出る機会が多くなってきたのではないでしょうか? そんな時、私は花粉症に悩まされております^^; ずーずーしています。 さて、今回はもうすぐ夏!夏といえばBBQ! 片付け楽チン持ち運びらくらくキャンプ用ガスグリル! 『Coleman(コールマン)ロードトリップグリル』について紹介します。 ガスで調理できる有り難さ
今回、おすすめしたいのは4~5人でグリル料理を楽しめるのに調度いい 「コールマン ロードトリップグリル」です。 本体とガスボンベ2本で繋げるタイプのガスグリルでして、 ロースター用の鉄板と普通の鉄板の2種類がついています。 蓋はホーロー製ですから蒸し料理にも最適で、 ガスの強い火力でどんなお料理でも調理がしやすいのがポイントです。 別売の網さえ用意すれば鍋でも置けますからバーベキューをするのならもってこいの逸品です。 タイヤが付いて持ち運び便利
ホーローの蓋のなかには鉄板が収まるようになっていて、 さらには折りたたむとキャリーバックのように使うことができますから、手際よく片付けができて 面倒なアウトドアでの作業を少しでも省けたらいいのになって考えているかたにおすすめですよ。(・∀・)b 用意もガスボンベと本体をホースで繋ぐシンプルなものですからとてもカンタンに使えて、 すぐに出そうという気になるのも良いところです。 アウトドア料理が好きな方、頻繁にキャンプに行かれる方なんかには特に良いのではないでしょうか。 アクセサリーも充実
また、ガスが切れた時の変えのガス缶や替えの鉄板などかなり アクセサリーも充実しているのが特徴で、そのあたりは アウトドア用品の大手のコールマンならではといった感じです。 長く使っていく分にはどうしてもこういう変えが効くかどうかも 重要なのでその点では安心して使っていけます。 ガスの調理台あれば料理の幅もグーンと広がりますから 気になったらチェックしてみてくださいね!(´・ω・`)

おすすめガス器具ショップ






あまぞんPR
検索フォーム
全記事表示リンク
PR