【コンロの種類、間違えていませんか?】2種類のコンロ テーブルとビルトイン 元プロがおすすめするガスコンロの選び方

【コンロの種類、間違えていませんか?】2種類のコンロ テーブルとビルトイン

ガスコンロ購入のポイント、選び方を説明しています。 また、オススメのキッチンツールやインテリア雑貨も紹介しているガス器具ブログ

【コンロの種類、間違えていませんか?】2種類のコンロ テーブルとビルトイン

こんにちは
元ガス器具販売スタッフのがす子です^^

ここでは、家庭用ガスコンロの種類を紹介させていただきます。



家庭用ガスコンロは2種類


ガスコンロには大きくわけて2種類のガスコンロがあります。
もちろん間違えて購入してしまいますと、使用することができませんので、
コンロを検討中の方は、ご注意ください。



わかれば簡単!テーブルコンロとビルトイン


2種類のコンロと言うのは、
テーブルコンロ」と「ビルトインコンロ

間違えて購入したら大変!と身構える必要はありません。
形が大きく違うので少しわかれば、間違えることも無いでしょう。

※テーブルコンロは場所によって呼び名が変わります。
例:ガステーブル、ガス台、ガスレンジ、据置ガスコンロなど


あなたの家のガスコンロはどっち?テーブルコンロとビルトインコンロ




工事が不要 「お手軽なテーブルコンロ」


まずはテーブルコンロから紹介します。
この「テーブルコンロ」はずばりお手軽さが売りです!

キッチンにコンロを置くスペースがあり、
商品をホームセンターやインターネットで購入してきて
キッチンに置くだけで使用できてしまう為、とても簡単です。

また、見た目もコンロ部と操作部が一体化してるので、
購入して置くと言う感覚の商品です。

その分、ビルトインと比べると本体価格も安いです。



▲写真のようなコンロです。

テーブルコンロを要約すると

・「ガス台スペースに置くだけの
工事不要な一体化ガスコンロ」で価格も安い


学生さんの一人暮らし、単身赴任でアパートなどにお住まいの方などが
良く目にするのがこのガスコンロです。

壊れたら、すぐ交換でき、工事不要なので、
コストを掛けたくないアパートなどに多いです。



工事が必要で、はめ込み式のビルトインガスコンロ


ビルトインガスコンロの特徴は、「ビルト‐イン 【built-in】 」
つまり、「はめ込み式」のガスコンロです。

ただ置くだけのテーブルコンロとは違い、
システムキッチンなどに組み込みます。

そのため、下の写真のように、グリル部と操作部が離れています。

▲コンロが上下で分かれている。

内蔵式のコンロなので、キッチンとの一体感がウリで、
見た目が美しくなります。

なので、持ち家やマンションなどシステムキッチンを
使用している場所でよく使用されます。

綺麗に設置できる分、必ず工事が発生しますので、
設置費用がかかり、お値段も少々高くなります。
また、便乗してか本体価格もテーブルコンロに比べて高いです。

ビルトインコンロを要約すると、

・はめ込み式で美しいコンロですが、
工事が必要で、値段も高い




どちらのコンロが良い?ではありません。


2種類のガスコンロを紹介しましたが、
どちらが良いと言うわけではなく、
キッチンの種類によって決まってしまいます。

・従来のガス台スペースがあるキッチンなら、「テーブルコンロ」
こちらで詳しく紹介しています→「テーブルコンロ用のキッチンとは?

・システムキッチンではめ込み式の穴がある場合は、「ビルトインコンロ」
こちらで詳しく紹介しています→「ビルトインコンロ用のキッチンとは?
となります。

現在の環境が、どちらのキッチンタイプかを調べてから、
ガスコンロを購入しましょう。

 
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

おすすめガス器具ショップ






あまぞんPR
検索フォーム
全記事表示リンク
PR