【意外に60cm?】ビルトンコンロの天板サイズの選び方 元プロがおすすめするガスコンロの選び方

【意外に60cm?】ビルトンコンロの天板サイズの選び方

ガスコンロ購入のポイント、選び方を説明しています。 また、オススメのキッチンツールやインテリア雑貨も紹介しているガス器具ブログ

【意外に60cm?】ビルトンコンロの天板サイズの選び方

こんにちは^^ ガス子です。

ここではビルトインガスコンロの
トッププレート(天板)サイズの選び方を紹介します。

ビルトインコンロってそもそもなに?という方は
こちらの記事をどうぞ→【コンロの種類、間違えていませんか?】2種類のコンロ テーブルとビルトイン



ビルトインガスコンロには「60cm天板」と「75cm」天板がある

組込み式のビルトインガスコンロには60cmと75cmの二つのタイプの天板があります。
これはシステムキッチンで決まるわけではないので、
購入者のお好みの問題になります。

▲60cm天板                 ▲75cm天板

下のグリルの部分がまったく同じサイズであり、
天板のサイズが違うだけなので、キッチンのはめ込み部分の影響を受けない
天板はサイズが選べるということです。



60cm天板と75cm天板はどちらがよいの?

そしてもちろんサイズを選べるという事は、
どちらがよいの?と言う話になりますね

それでは、60cm天板と75cm天板の
メリット、デメリットを紹介していきたいと思います。


ビルトインガスコンロの天板サイズ比較画像
上の画像のように60cm天板と75cm天板では、バーナーの間隔が違います。



60cm天板のメリット、デメリット

60cmはお鍋をバーナーに置いたときにお鍋同士の間隔が狭く、
お鍋の移動が不便だったり、調理中に隣のお鍋に手が触れそうになったり、
狭いので余裕がありません。
また、一時的にお鍋を置いておくスペースが天板にないため、
人口大理石に置いたりするなど、不便な面が見られます。

コンロ単品で見るとデメリットのみですが、
キッチン全体でみると大きなメリットがあります。

ビルトインの60cm天板のメリットとデメリット 
天板が60cmで小さいので、キッチンの調理スペースは大きく確保できると言う点です。
準備した食材を置いたり、お皿を置いたり、この調理スペースが大きいことは
大きなメリットとなります。



75cm天板のメリット、デメリット

75cm天板はもちろん60cm天板の逆になりますので、
コンロの使用は広々大きく使用でき、
天板上にお鍋を置くことができ、コンロ調理は余裕をもってできます。

反面、キッチン全体で見ると調理スペースが狭くなりますので、
お皿や食材の準備で置いておくには少し狭いです。

ビルトインの75cm天板のメリットとデメリット 

コンロ目線で見ると75cm天板のほうがメリットがあり、
キッチン目線で見ると60cm天板のほうがメリットがあります。

これを踏まえてビルトインコンロの天板は決めるといいと思います。



実は60cm天板のほうが人気?

75cm天板のビルトインコンロは、見た目も広々していて
価格も少し高めにないるので、コンロ単品だけ見ると
75cmのほうが良い製品と言うのは間違いありません。

しかし、体感ですが実際は60cmのほうが人気があり、
プロもお勧めしています。
実際に料理をしているととにかくなんでも置ける調理スペースが
大きいほうが便利です。

天板スペースにお鍋は置けますが、火を使用し熱くなるため、
他の物を置くことができないのです。

とは言ってもご自身にとって何が優先順位かを決めれば問題ないと思います。
コンロを購入する際に単品で見るのではなく、全体で見ることをおすすめします。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

おすすめガス器具ショップ






あまぞんPR
検索フォーム
全記事表示リンク
PR