ガス器具メーカーの名前の由来 元プロがおすすめするガスコンロの選び方

ガス器具メーカーの名前の由来

ガスコンロ購入のポイント、選び方を説明しています。 また、オススメのキッチンツールやインテリア雑貨も紹介しているガス器具ブログ

ガス器具メーカーの名前の由来

株式会社パロマ
パロマ(Paloma)はスペイン語でハトという意味であり、
平和の象徴とされ、平和な豊かな暮らしを願った社名でもある。

リンナイ株式会社
リンナイという社名は、
創設者の林兼吉と内藤秀次郎から一字を取ったもの。
当初「ナイリン」だったが、語呂が悪かった為、「リンナイ」に変更した。

株式会社ハーマン
社名のHarmanは造語であり、人(human)に、hard(設備)とharmony(調和)を合わせたものです。
良く、海外メーカーと思われガチですが国産メーカーです。
また、もともとは大阪ガスのグループですが、現在は風呂釜で有名なノーリツグループになっています。

株式会社ノーリツ
1951年(昭和26年)、太田敏郎氏により「能率風呂工業」が設立され、
太田は開発者の植松清次氏と共に「りんご箱1箱の薪・石炭で上下均等に沸き上がり、
保温効果で湯が冷めない」という画期的な風呂釜「能率風呂」をつくりこのお風呂が大ヒットいたしました。

社名は、「能率風呂」の商品名の「能率」に由来しています。
1968年、社名をカタカナ表記に変更しています。

パーパス株式会社
1946年に高木プレス工業所を創業して以来、1968年から現在の高木産業株式会社を社名していました。
その販売商品のブランド「パーパス」を社名に変更した。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

おすすめガス器具ショップ






あまぞんPR
検索フォーム
全記事表示リンク
PR