【知らずに購入してませんか?】ガスコンロの右、左って何?(L/R) 元プロがおすすめするガスコンロの選び方

【知らずに購入してませんか?】ガスコンロの右、左って何?(L/R)

ガスコンロ購入のポイント、選び方を説明しています。 また、オススメのキッチンツールやインテリア雑貨も紹介しているガス器具ブログ

【知らずに購入してませんか?】ガスコンロの右、左って何?(L/R)

こんにちは

こちらの記事ではガスコンロの強い火力について説明します。



ガスコンロは左右のどちらかを強い火力にするか選べます


ガスコンロには基本的に2つ以上のバーナーが付いてます。(※一口コンロを除く)
その2つのバーナーの右と左どちらが、強い火力なるかを選べるようになってます。
下記の画像を参考にしてみてください。

ガスコンロには強い火力が右のものと左のモノがある。(RL)


上の図の様に、
ガスコンロに向かって左の炎が強いのが「左強火力バーナー」(※左ハイカロリーバーナーとも言う)
ガスコンロに向かって右の炎が強いのが「右強火力バーナー」(※右ハイカロリーバーナーとも言う)



右と左はどのような基準で選べば良いのでしょうか?


下の図はキッチンにガスコンロを設置した図です。
ガステーブルを設置した時、キッチンの壁側が強い火力の場合
 ▲上の画像のようにキッチンの壁と強火力が同じ側になるとキッチンの壁を焦がす事になります。

 ▼下の画像のようにキッチンの壁と強火力が反対になるように設置するのがオススメです。
ガスコンロを設置したとき、台所の壁側と強い火力が逆の場合の図


また、キッチンのどちらにも壁がない場合は、使用する方のお好みになりますので、
「強い火力を使用する揚げ物は右側が良い」など、スタイルに合わせてお選びください。

 ※画像はガステーブルを使用しておりますが、ビルトインコンロでも強火力の選び方は同じです。



購入時に選ぶときは「型番-R」「型番-L」のどちらかを選ぶ


購入時に左右の強火力を選ぶ方法は、
型番の最後に「-R」と付いたものが右強火力
型番の最後に「-L」と付いたものは左強化力
となります。

たまに「-RS」など表示が違うものも有りますが、
基本的には「-R」「-L」と表示されています。

また、最初から左側にしか付いていないものや、
左右どちらも強火力と言うモデルも有りますので、
購入する機種の火力を前もって確認しましょう。




テーブルコンロを選ぶポイント

ガスコンロを選ぶときはこのポイントに注意してご購入して下さい。

①ガスコンロの幅(60cm・60cm以下)
②汁受け皿(有り・無し)
③天板素材(トッププレート素材)
④魚焼きグリル(水なし両面焼・水なし片面焼き・水あり片面焼き)
⑤強化力バーナー(L/R)
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

おすすめガス器具ショップ






あまぞんPR
検索フォーム
全記事表示リンク
PR