【白いトウモロコシ!?】生で食べれるほど美味! 『北海道富良野産 恵味(めぐみ)』 元プロがおすすめするガスコンロの選び方

【白いトウモロコシ!?】生で食べれるほど美味! 『北海道富良野産 恵味(めぐみ)』

ガスコンロ購入のポイント、選び方を説明しています。 また、オススメのキッチンツールやインテリア雑貨も紹介しているガス器具ブログ

【白いトウモロコシ!?】生で食べれるほど美味! 『北海道富良野産 恵味(めぐみ)』

こんにちは!がす子です(^^)
いつも閲覧ありがとうございます!

今回は 暑い夏は美味しいとうもろこしを食べよう!
北海道富良野産 恵味(めぐみ)』について紹介します。





夏はとうもろこしが美味しい季節です!

北海道といえばとうもろこしですよね!

中央アメリカ原産のとうもろこしは明治時代に北海道で栽培を始めました。

とうもろこしは日本全土で栽培可能な植物ですし、
その辺の畑でも栽培しているのを見かけますよね。

でも北海道のとうもろこしが特別美味しい理由は、
とうもろこしを栽培している地域が内陸部のため昼夜の温度差が激しいところにあります。

また日本で最も日照時間が長いため、昼間に蓄えた糖分を
夜に活動を休ませて甘さと鮮度を残しやすいからなんです。



富良野の有機農場でつくられた極甘のとうもろこし


さて、とうもろこしはたくさん品種があってどれをよいのか迷いますよね、
今回おすすめするのは「恵味(めぐみ)」という品種で
粒皮の柔らかさと甘さに定評のあるとうもろこしです。



北海道の内陸に位置する富良野は周囲をぐるっと山に囲まれた地域になります。

そのため冬は-30℃、夏は30℃と気温差が激しいので
作物を栽培するのに適しています。

つまり甘味が強いとうもろこしを栽培できる地域なんですね。

それに加え、有機肥料・低農薬で土壌の微生物を活かすことで
柔らかく根の張りやすくなりとうもろこし自体も通気性や
保水力も上がるため生で食べれるほどの柔らかい粒になるのだとか。


とにかく美味しいとうもろこしを食べたいひとにおすすめします

案外歯に挟まったり固くて食べにくいからという理由で
とうもろこしを遠慮するひとは多いものですが、恵味(めぐみ)は
粒皮が柔らかいのでお年寄りや子供にも食べやすいとうもろこしです。



夏はバーベキューやお料理などでとうもろこしが大活躍する季節です。

ちょっとした寄り合いに美味しいとうもろこしを持参すれば
喜ばれること間違いなし!

今年は甘くてジューシーなとうもろこしでお腹いっぱいになりましょう。 (^0^)









関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

おすすめガス器具ショップ






あまぞんPR
検索フォーム
全記事表示リンク
PR