パロマ PA-N308WCK-R/L 【楽天市場 激安特価・格安ガスコンロ】WCL/WCV/WG 元プロがおすすめするガスコンロの選び方

パロマ PA-N308WCK-R/L 【楽天市場 激安特価・格安ガスコンロ】WCL/WCV/WG

ガスコンロ購入のポイント、選び方を説明しています。 また、オススメのキッチンツールやインテリア雑貨も紹介しているガス器具ブログ

パロマ PA-N308WCK-R/L 【楽天市場 激安特価・格安ガスコンロ】WCL/WCV/WG


ガラス・ハイパーガラストップ
パロマ PA-N308WCK-R/L
天板 ハイパーガラスコート
グリル 水なし両面焼き
楽天市場で一番安い通販ショップをご紹介。
楽天市場での購入はこちら

パロマ PA-N308WCK
その他のモデル
※PA-N308WCLはお手入れ3点セットが付属します。(他のモデルは付属しません。)
※PA-N308WGは「ガラストップ」です。

特徴
新しく登場したPA-91シリーズ「グランドシェフ」の旧型モデル
グランドシェフはこちら→パロマ グランドシェフ 【楽天市場 激安・格安ガスコンロ】

限定で販売した青モデルがレギュラーに!?
メインはなんといってもPA-N308WCL。
パロマのガスコンロで珍しい青のハイパーガラスコートです。
このモデルはパロマの100週年限定モデルとして販売されましたが、
大変人気のため、101週年になっても生産を伸ばして販売しています。

PA-N308シリーズの人気のモデルは?
もちろん人気カラーはブルーのPA-N308WCL、続いてブラックのモデルです!
次にシルバーのモデルで、ガラストップの
パロマ PA-N308WG

定価が少し高いタメあまり売れていません。

上位機種で一番の売れ行き!
機能と見た目が一番無駄がなく、ちょうど良いのが人気の理由だと思います。
この上のモデルは良すぎる機能で値段が高く、
この下のモデルは機能・価格はいいがトッププレートがフッ素とホーローでした。
その中間がこのPAーN308シリーズの後継機種「グランドシェフ」です。

上品で落ち着いた光沢と輝きのあるブラックのハイパーガラスコート
ガラストップとほとんど見た目が変わらず、ガラストップの弱点である
衝撃に強くなったハイパーガラスコート。

オートグリル。

魚の形状・焼き加減を設定すると、自動で魚を焼き上げます。

オートメニューキーと焼き加減キーを設定するだけで自動で焼き上げるので何度も確認する手間が省け、焼きすぎなどの失敗もなくなります。
魚の形状は【切り身】【姿焼き】【干物】から、焼き加減は【強め】【標準】【弱め】からお選びいただいて自動で焼き上げ、消火します。

炊飯機能
炊飯機能を使うと炊飯完了後自動消火し、電子音でお知らせします。
コンロで本格的なガス炊飯のおいしさが楽しめます。

湯わかし機能
湯わかしボタンを押せば、沸騰後に電子音でお知らせします、その後5分間保温して、自動消火します。

※新シリーズは、沸騰後に電子音でお知らせし自動消火します。(カスタマイズ機能で沸騰後5分間保温にも設定できます。)

ぐるりんぱ
グリルを引き出すとグリル窓が自動オープン。
熱くなったグリル窓に手が触れることが

ないので安心です。また、食材の出し入れ時に、窓が邪魔になりません。
焼き網に窓がついていないため、持ち運びもらくらく。

食材の取出しがとっても簡単!




機能・仕様スペック
器具寸法(mm) 高さ 183
594
奥行 438
コンロ 新ガラストップSシリーズ  
フラットトッププレート
ターボパワーコンロ  
高効率エコフラットバーナー
高効率eco60バーナー  
高効率eco600バーナー  
Siセンサーコンロ
調理油過熱防止装置(全口)
立ち消え安全装置
センサー解除機能
温度調節機能
あげルック(R)
コンロ消し忘れタイマー120分
全口消し忘れタイマー
炊飯・湯わかし機能
こげつき消火機能
セラミックコートキャップ
グリル クリンエコグリル
省エネグリルこんがり亭  
両面焼グリル
片面焼グリル  
ワイドグリル
ぐるりんぱ
直火焼グリル
遠赤外線グリル
スモークレスグリル  
グリル調理タイマー
グリル点火確認ミラー  
グリル消し忘れタイマー
グリル消し忘れタイマー(分)
グリル受け皿フッ素コート  
フレームトラップ
耐震自動消火装置  
音声ガイド  
その他 トッププレート素材 ハイパーガラスコート
チャイルドロック
その他 ハイパーガラスコート
ガラス  
ステンレス  
フッ素  
ホーロー  
プラチナ  
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

おすすめガス器具ショップ






あまぞんPR
検索フォーム
全記事表示リンク
PR