【ホーロー?フッ素?ガラス?】ガスコンロ天板の種類とは?(トッププレート素材) 元プロがおすすめするガスコンロの選び方

【ホーロー?フッ素?ガラス?】ガスコンロ天板の種類とは?(トッププレート素材)

ガスコンロ購入のポイント、選び方を説明しています。 また、オススメのキッチンツールやインテリア雑貨も紹介しているガス器具ブログ

【ホーロー?フッ素?ガラス?】ガスコンロ天板の種類とは?(トッププレート素材)

こんにちは^^がす子です!

今回は、ガスコンロを選ぶ際に重要な
「天板(トッププレート)」の素材について説明します。



そもそも天板(トッププレート)ってなに?

そもそも天板って何?と言う方に、
ガスコンロの天板とは、火が出るコンロの下の部分を指します。

ガスコンロの天板(トッププレート)とは? 

ガスコンロの天板(トッププレート)とは上記画像の赤い部分の板の事をいいます。
この天板(トッププレート)素材の種類によって
ガスコンロの見た目やお手入れのしやすさが大きく変わります。



天板素材の種類は主に4種類

ガスコンロの天板の種類は主に4種類あります。
安い順に並べましたので、

 ホーロー素材、フッ素コート素材 < ガラスコート < ガラス

「ホーロー、フッ素」は同じような価格帯で、その次が
特殊なホーローにガラスコーティングをした「ガラスコート」
さらにその上が「ガラス」となります。

ハイパーガラスコート、パールクリスタル、Gクリアコートトップの画像 
▲ホーローにガラスコーティングをしたガラスコート系素材

ガラストップ(shott ceran ショットセラン)の画像 
▲ガラストップ素材(写真はリンナイのショットセランガラス)

基本的にガステーブルコンロやビルトインガスコンロはこの4種類です。

稀に、業務用や特殊な家庭用コンロで「ステンレス」素材を使うことがありますが、
需要が少ないことや、好みにもよりますが「ステンレス」のコンロは高級です。



ガスコンロの天板一覧表

ガスコンロの天板で使われる主な素材のホーロー・フッ素・ガラスコート・ガラス素材を表でまとめてみました。

ガスコンロ天板一覧表
天板素材 ホーロー素材 フッ素コート素材 ガラスコート素材
※メーカー:名称
パロマ:ハイパーガラスコート
リンナイ:パールクリスタル
ハーマン :Gクリアコート
ガラストップ
メリット ・商品の価格が安い。

・素材上、黒色が多い。
・商品の価格が安い。

・素材上、シルバー系が多い。
・ホロー素材にガラス素材でコーティングしてあるため、見た目はほぼガラスで、衝撃に強い。

・ガラストップに比べて価格が安い。

・様々な色のバリエーションがある。
・基本的にすべて天板がフラットなので、見た目がとても美しく、耐久性、耐熱性もあり、お手入れがとても簡単。

・ガラスなので、塗装がなく剥がれることがない。

・熱がガラスに伝わりにくいので、天板に触れての火傷がしにくい。
デメリット ・耐久性が弱い
表面塗装が割れると、そこからサビ始める。
・耐久性が弱い
表面塗装が割れると、そこからサビ始める。
・衝撃で表面のコーティングにヒビが入ると割れた部分から錆る。 ・商品価格が高い。

・一点での衝撃に弱く、いきなり割れたりする。
価  格 安い 安い やや高い 高い




テーブルコンロを選ぶポイント

ガスコンロを選ぶときはこのポイントに注意してご購入して下さい。

①ガスコンロの幅(60cm・60cm以下)
②汁受け皿(有り・無し)
③天板素材(トッププレート素材)
④魚焼きグリル(水なし両面焼・水なし片面焼き・水あり片面焼き)
⑤強化力バーナー(L/R)
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

おすすめガス器具ショップ






あまぞんPR
検索フォーム
全記事表示リンク
PR